歯科でいう虫歯菌について

歯科でいう虫歯菌について

歯科などで「虫歯菌」という言葉はよく耳にしますが、それが一体何なのかご存知の方は少ないでしょう。

歯科にも多くの患者さんが虫歯の治療に訪れます。

虫歯は「虫歯菌」により発生しますので、「虫歯菌」のない方には虫歯は出来ません。

その「虫歯菌」は、大きく分けると2種類の菌に分けられます。


1つは「ミュータンス菌」ともう1つは「ラクトバチラス菌」です。



「ミュータンス菌」は、だ液から感染するもので、同じお箸や、スプーンなどを使用することで感染するケースがみられます。

「ミュータンス菌」は、口の中に一度入り込むと、完全に取り除くことが困難になります。

そして、その「ミュータンス菌」は、口の中で酸を作り出し、歯を溶かしていき、虫歯の原因を作っていきます。
「ラクトバチラス菌」は食物に含まれています。

炭水化物や砂糖にも含まれていますが、乳酸菌飲料などに多く含まれています。

話題になっているNAVERまとめ情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

口臭予防のタブレットなどにも入っている場合多い物ですが、この「ラクトバチラス菌」こそが、「ミュータンス菌」が溶かした歯を虫歯にしてしまうのです。歯科医から見れば「ラクトバチラス菌」は天敵となりますが、最近では、この「ラクトバチラス菌」は体にいい乳酸菌の1種として見直されています。


これは、市販される乳酸飲料にも多く見られます。虫歯菌を考えると、飲んではいけないわけではありません。

飲んだ後に歯磨きをしっかりすれば問題のないことです。また、「ミュータンス菌」は、フッ素やキシリトールに弱いので、フッ素やキシリトール入りの歯磨き剤で磨くと予防になります。

評判が高い汐留の歯科について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

Copyright (C) 2015 歯科でいう虫歯菌について All Rights Reserved.