美容室の求人欄で注目すべきポイント

category01

美容室で働きたいと思う多くの人が国家資格である理美容師免許を取得している事でしょう。

美容師の求人について正しい知識を持つこと重要です。

稀に受付担当(事務)として採用になるケースもありますが、全国津々浦々に点在する美容室の殆どで、資格取得者か取得を目指す者を対象として求人を出しています。


求人欄で注目したいポイントが幾つかあります。

給与体系(日給月給又は歩合制などシステムにより収入に大きな差額が生じる為)、勤務時間(美容室のオープン時間によってかなり労働時間に差が生じる為)、また、求人を出している美容室の客層も注目ポイントです。

敢えて記載していない店が多いので、必ず確認すると良いでしょう。貴方の年齢にもよりますが、概ね客層の幅は決まっているものです。



オフィス街に隣接していればビジネスパーソン且つ飛び入り客が中心、古くからの店舗だとご近所さんなどの常連客(つまりは子供から高齢者まで幅広い年齢層)で成り立つなど、貴方の技量を最大限に活かせる職場か否かを判断する基準になります。

首都圏ではカラーリストとカット専属など、細分化されたエキスパート制を導入している店もあり、今後のステップアップにも繋がります。
大手チェーン店で実績を積めば、独立も夢ではありません。


実力主義であるこの理美容の仕事は、長い下積み経験の後、様々な店舗で腕を磨き、最後は独立して自分の店を構えるという夢を持つ人が多い業界です。

エキサイトニュースがどんなものかご存知ですか。

折角のチャンスでもある転職の際は、求人を詳細まで熟読し、貴方に合った店舗で働く事が大切です。

プチ常識

category02

世の中は時代と共に変わっていきます。パソコンが増えている中で、昔は流行っていた仕事がなくなることもあるものです。...

subpage

めずらしい情報

category02

これからの日本は、美容業界は増加していきます。美意識の高い人が多いので、男女共に美容院へ行く人が増えているのです。...

subpage

1から学ぶ

category03

将来のことを考えると不安になる人もいます。自分が何をしたいのかわからない人は、意外にも多いのです。...

subpage

美容師について

category04

美容師として働くためには美容師免許が必要です。美容師免許を取得するためには専門学校を卒業することが一般的ですが、専門学校へは通わずに直接美容室へ就職して美容師の勉強をすることもできます。...

subpage